MENU

代理ミュンヒハウゼン症候群が怖すぎ?!実は芸能人にも多い精神疾患(虐待)だった!

代理ミュンヒハウゼン症候群とは一体何なのでしょうか?

なんでも、「代理ミュンヒハウゼン症候群」は子どもの虐待における特殊型ともいわれているんだとか!

じつは、芸能人にも多い精神疾患なんだそう。

さっそく詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

代理ミュンヒハウゼン症候群が怖すぎ?!

代理ミュンヒハウゼン症候群は、見抜くのが難しく、自然に治ることはありません。

代理ミュンヒハウゼン症候群の1番怖いところは、手口がどんどん巧妙になっていき、最悪の場合死に追いやってしまうことです。

代理ミュンヒハウゼン症候群とは?

親が子どもの身体をわざと傷つけたり、病気になるよう仕組んだりしたうえで、健気に看病する親を演じて周囲の同情や注目を集めようとする精神疾患。

子どもの虐待における特殊型ともいえる。

子どもに薬物等を飲ませる、窒息させるなどの行為を行い、子どもに実際の身体不調や病的状態
を作り出し、そのことを病気の症状として訴え、最悪の場合、子どもが死に至るケースもある。

代理ミュンヒハウゼン症候群の加害者は、圧倒的に母親が多いといいます。

主な症状として、親が子どもの身体をわざと傷つけたり、病気になるよう仕組んだり、医師が検査が必要と考えるような誤った情報を与えたりします。

そうして、健気に看病する親を演じ、周囲の同情や注目を集めようとするのが、代理ミュンヒハウゼン症候群の特徴です。

じつは、この代理ミュンヒハウゼン症候群は見抜くのがとても難しいといいます。

というのも、本当はどこも悪くなのに、あたかも病気かのような情報を医師に与えるため、自分が満足できる結果や処置をしてもらえるまで、延々と繰り返されます。

さらに、少しでも疑われると病院を変え、また同じことを繰り返すんだそう。

そして、厄介なことにだんだん医療の知識が身についてくるので、手口が巧妙になっていくんだとか。

加害者は、医師から満足のいく結果が得られないと、子どもへの危害がどんどんエスカレートしていき、最悪の場合、死に至るケースもあるといいます。

なかなか見抜くことのできない代理ミュンヒハウゼン症候群は、子どもへの虐待でもあるので、本当に怖い精神疾患です。

代理ミュンヒハウゼンは芸能人にも多い精神疾患(虐待)だった!

じつは、代理ミュンヒハウゼン症候群は芸能人にも多い精神疾患です。

子どもだけでなく、愛犬などのペットの虐待における特殊型でもあるようです。

では、実際に代理ミュンヒハウゼン症候群を疑われている芸能人をまとめてみました。

  • 釈由美子さん
  • 辻希美さん
  • 市川海老蔵さん
  • 浜崎あゆみさん
  • 堀ちえみさん
  • 羽生結弦さん(ミュンヒハウゼン症候群)

しかし、芸能人のこういった噂はデマが多いです。

そのため、代理ミュンヒハウゼン症候群を疑われている芸能人の大半は、代理ミュンヒハウゼン症候群のように見えてしまっているだけの可能性が高いです。

代理ミュンヒハウゼン症候群に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は代理ミュンヒハウゼン症候群についてまとめてみました。

代理ミュンヒハウゼン症候群は、子どもへの虐待の特殊型ともいわれており、最悪の場合、子どもが死に至るケースもある怖すぎる精神疾患のようです。

実は、代理ミュンヒハウゼン症候群は芸能人にも多い精神疾患(虐待)のようですが、大半はデマのようです。

最後までご覧下さりありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる