MENU

上田綾乃の動機がサイコパスでヤバすぎ?!代理ミュンヒハウゼン症候群が怖すぎる!

2019年に、神奈川県大和市で当時7歳の次男を窒息死させた疑いで、42歳で母親の上田綾乃容疑者が逮捕されました。

上田容疑者には、他にも3人の子どもがおり、3人とも死亡していたことがわかっています。

そのため、上田容疑者が4人とも殺害したのでは?と疑われているんだとか。

なんでも上田容疑者の殺害の動機がサイコパスすぎてヤバいんだそう。

上田容疑者は代理ミュンヒハウゼン症候群の可能性があるとされています。

この代理ミュンヒハウゼン症候群が怖すぎると話題に。

さっそく詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

上田綾乃の動機がサイコパスでヤバすぎ?!

上田綾乃容疑者の次男殺害の動機がサイコパスでヤバすぎるんだとか!

しかし、上田容疑者は容疑を否認しており、動機についても明らかになっていませんでした。

上田容疑者は、自称・看護助手を名乗っているそう。

上田綾乃容疑者は2019年8月、大和市の自宅アパートで、当時7歳で小学校1年生だった二男の雄大くんを窒息させ、殺害した疑いで2022年2月21日朝、送検されました。

報道では、雄大くんは生後5か月だった2012年10月にも自宅で心肺停止となり、救急搬送されていたことがわかっています。

上田容疑者には、他にも3人の子どもがいますが、3人とも乳幼児期に亡くなっていることがわかっています。

そのため、上田容疑者は保険金目的で4人の子どもを殺害したのでは?なんて噂もあるんだとか。

さらに、上田容疑者の自宅には、毎日のように朝から晩まで児童相談所の人が来ていたといいます。

雄大くんは2年半近く児童相談所に保護されていたとのこと。

その後、2017年に三男が死亡し、雄大くんは再び児童相談所に保護されてたといいます。

しかし、犯行当時は宅に上田容疑者と雄大くんの2人だけだったことがわかっています。

そのため、計画的な犯行だった可能性が高いんだそう。

上田容疑者の動機は明かされていませんが、4人も子どもを殺害した疑いが持たれている時点で、サイコパスを疑いたくなってしまいます。

上田綾乃の代理ミュンヒハウゼン症候群が怖すぎる!

上田綾乃容疑者には、代理ミュンヒハウゼン症候群の疑いがあったとされています。

代理ミュンヒハウゼン症候群とは?

親が子どもの身体をわざと傷つけたり、病気になるよう仕組んだりしたうえで、健気に看病する親を演じて周囲の同情や注目を集めようとする精神疾患。

子どもの虐待における特殊型ともいえる。

子どもに薬物等を飲ませる、窒息させるなどの行為を行い、子どもに実際の身体不調や病的状態
を作り出し、そのことを病気の症状として訴える。

最悪の場合、子どもが死に至るケースもある。

上田容疑者には、4人の子どもがいることがわかっています。

しかし、4人全員がすでに亡くなっているといいます。

  • 長男:乳幼児期に死亡
  • 長女:乳幼児期に死亡
  • 次男(雄大さん):3年前に7才で死亡(2017年4月から2018年11月まで児相で保護)
  • 三男:乳幼児期に死亡(2017年)

上田容疑者が殺人の容疑にかけられたのは、次男を窒息死させた疑いがあるためです。

さらに、残りの3人の子どもも乳幼児期に死亡しています。

上田容疑者は、自称ですが看護師を名乗っています。

仕事で得た医療の知識を使って、巧妙に子どもたちが病気に見えるように虐待をしていたのでしょう。

上田綾乃に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、上田綾乃容疑者の動機についてまとめてみました。

上田容疑者の殺害の動機は、まだ明かされていませんでしたが、サイコパスでヤバすぎることは容易に想像できます。

さらに、上田容疑者は代理ミュンヒハウゼン症候群の疑いがあったんだとか!

子どもにわざと病気を作り、健気に看病する母親を演じ周囲から注目を集めようとするなんて、怖すぎますよね…。

最後までご覧下さりありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる