MENU

柳家小三治の死因はコロナ?!ワクチンの有無を徹底調査!

落語家で人間国宝の柳家小三治さんが亡くなっていたことがわかりました。

柳家小三治さんは、81歳でした。

柳家小三治さんの死因は、心不全とのことですが、コロナが関係あるのでは?なんて声も。

そこで、柳家小三治さんがワクチンを摂取していたかどうかも調査してみました!

さっそく、詳しく見ていきましょう。

すぐに読める目次

柳家小三治の死因はコロナ?!

落語家で人間国宝の柳家小三治さんが2021年10月7日の午後8時に亡くなっていたことがわかりました。

心不全のため、東京都内のご自宅で倒れていたそう。

柳家小三治さんは、81歳でした。

つい最近まで、元気に高座に上がっていたという柳家小三治さん。

つい、コロナを疑ってしまいますよね。

直接の死因は心不全とのことですが、新型コロナウイルスに感染していたかどうかは明かされていません

しかし、新型コロナウイルスに感染すると、心臓の疾患がある場合はさらに苦しくなり、心不全が悪化してしまうといいます。

コロナにより肺炎を起こすと、肺で酸素がうまく取り込めないため、血液中の酸素濃度が低下。

そのため、心臓にはいつも以上に負担がかかり、心不全が悪化してしまうとのこと。

柳家小三治さんは、長年、リウマチを患っていたそう。

2017年には、頸椎(けいつい)を手術。

2021年には、腎機能の治療のため入院しています。

その後、復帰を果たし、高座にも上がり続けていたといいます。

心臓の疾患はなかったようですが、小三治さんはもともと身体が丈夫な方ではなかったとか。

81歳という高齢もたたっていたのかもしれません。

いずれにしろ、昭和、平成、令和と時代を越えて活躍し続けた柳家小三治さんは、人生の幕を下ろしました。

柳家小三治さんの死因は、もしかするとコロナが関係していたのかもしれませんが、因果関係はわかっていません。

詳しい情報が入り次第、追記させていただきます!

柳家小三治のワクチンの有無は?

柳家小三治さんは、新型コロナウイルスのワクチンを接種していたのでしょうか?

結論から言うと、柳家小三治さんの新型コロナウイルスのワクチン有無は明かされていませんでした。

しかし、81歳という年齢的にも、恐らく新型コロナウイルスのワクチン接種は2回とも完了していたのではないでしょうか?

柳家小三治さんは、リウマチ、頸椎(けいつい)、腎機能の治療をしていたそう。

そのため、早めにワクチンの接種を完了していた可能性があります。

柳家小三治さんと主治医で相談し、ワクチン接種をしない決断をした可能性もあるでしょう。

こちらも、詳しい情報が入り次第追記させていただきます。

柳家小三治に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、落語家で人間国宝の柳家小三治さんの死因について調査してみました。

直接の死因は心不全とのことなので、コロナが関係しているかどうかはわかりませんでした。

年齢的にも、恐らくワクチンは摂取していたのではないでしょうか?

最後までご覧くださり、ありがとうございます。

心よりご冥福をお祈り致します。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる