MENU

山縣亮太の性格は本当に良い?実は悪いと言われる5つの理由を徹底調査!

山縣亮太の性格は良い?悪いと言われる5つの理由を徹底調査!

陸上選手の山県亮太(やまがたりょうた)さんは笑顔が素敵なイケメンですよね。

山縣亮太さんの性格は良いのか悪いのか気になるところです。

山縣亮太さんの性格についての声や性格が悪そうと言われる3つの理由をまとめてみました!

すぐに読める目次

山縣亮太の性格は本当に良い?実は悪い?

山縣亮太の性格は良いという声

山縣亮太さんは、頭も良くて、穏やかな性格だという声が多くありました。

一方で、山縣亮太さんの格が悪いのでは?という声もありましたので見ていきましょう。

山縣亮太の性格が悪いという声

山縣亮太さんの性格が悪そうと言われるのはなぜなのか、次の項目では、3つの理由を考えてみました。

山縣亮太の性格が実は悪いと言われる5つの理由とは!?

理由①攻めた結果バトンミスしたから?

2021年8月6日行われた、東京オリンピック男子陸上400mリレーで、第一走者の多田修平選手と山縣亮太選手の間で、バトンミスがあり、日本は失格となってしまいました。

バトンミスは金メダルに向けて攻めた結果、生じてしまったものだと言われていますが、山縣亮太選手のバトンの受け取り方や、インタビューの態度などに対して、疑問の声もありました。

多田「バトンミスなので、原因というのがまだ分からないが、見直して解決していきたいと思います」
山縣「しっかり目標を達成するためには攻めのバトンをしようとみんなで話し合って、勝負に行った結果だと思います。前回の結果があって今回は金メダルを目指した。いろんな人がいろんな想いで今回の五輪に準備した。後悔がないように勝負に行こうというところで残念な結果になった。僕も感謝したい」引用:https://the-ans.jp/tokyo-olympic/181106/

バトンミスの山縣亮太選手を見て、性格が悪いのでは?と考える人もいそうですね。

https://twitter.com/k4U7jER5PnTVQMG/status/1423675763455188994?s=20

陸上経験者からすると、バトンミスは完全に避けられるものではないという声が多くありました。

多田修平選手や山縣亮太選手には責任はなく、性格によるものでもない気がしますね。

他にも、山縣亮太選手の性格が悪いと言われる理由があるので、続いて見ていきたいと思います。

理由②イケメンだから?

山縣亮太さんはリレー選手の中でも飛び抜けてイケメンだと思います。

イケメンはちやほやされているため、性格が悪いのでは?と思われることもありそうです。

理由③足が速く勉強もできたから?

山縣亮太選手は、子供の頃から足が速く勉強もよくできました。

山縣少年は4年生になった翌年、満を持して、その大会に出場。すると、走る姿が地元 の「広島ジュニアオリンピアクラブ」の指導者の目に止まった。400m障害世界選手権銅メダリストの為末大も所属していたことで知られる同クラブ。副会長の日山君代は当時を振り返る。
「腰が上下動せず、体幹がしっかりしていた。上半身が揺れる子どもが多い中、これはすごい、と。めったに見られない走りだった」

(中略)

高校は広島県下有数の進学校・修道高。東大や京大への進学を目指す生徒もひしめく文系のトップクラスに籍を置き、AO入試を経て慶大へと進んだ。引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/c051ed552086868b26823ca3427a0c7622c12262?page=3

イケメンで、足が速くて、頭も良いというモテ要素満載の山縣亮太選手。

性格はさすがに悪いんじゃないの?という疑問が持たれるのはしかたないことかもしれません。

理由④負けず嫌いだから?

山縣亮太選手は、2021年6月6日に行われた布勢スプリントという大会で100m決勝で9秒95という日本記録を出して優勝しています。

かなりの負けず嫌いでなければ、日本新記録をたたき出すのは難しいかもしれませんね。
山縣亮太さんの負けず嫌いな性格から、性格が悪いという印象を受ける人もいるかもしれません。

理由⑤真面目すぎるから?

山縣亮太選手は、真面目でストイックな性格で知られています。

真面目すぎる性格は、おもしろみがなかったり、山縣亮太さんは冷たい性格なのでは?ととらえる人もいるかもしれませんね。

山縣亮太は性格悪そうなところも魅力

山縣亮太さんの性格が悪そうなところも魅力的という声もありました。

また、山縣亮太さんは、遅刻してくる友人にも「何も感じない」という穏やかな性格なんだそうです。

自分自身も、待ち合わせの時間に遅れることもあるので、友人が遅れてきても怒りなども何も感じないということですね。

100mは100分の1秒をいかに早く走るかということにかけている山縣亮太さんも、プライベートではのんびりした性格だとは意外ですよね。

東京オリンピックではバトンミスがあり、400mリレーでは失格となったことが残念でしたが、今後の活躍に期待したいと思います。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる