MENU

【放送禁止用語】キチガイ連発の通訳の顔画像を特定?!動画がヤバすぎて草

2022年にカタールで開催されたサッカーワールドカップ。

Abema TVで配信されたアルゼンチン対クロアチア戦後のインタビューで、日本語通訳者が「キチガイ」という放送禁止用語を連発していたんだとか!

キチガイという放送禁止用語を連発した通訳者の顔画像は特定されているのでしょうか?

さらに、通訳がキチガイと連発している放送事故の動画がヤバすぎるんだそう。

さっそく詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

【放送禁止用語】キチガイ連発の通訳の顔画像を特定?!

2022年12月13日に、カタールで開催されているサッカーW杯の準決勝で、アルゼンチンが3-0でクロアチアに勝ち、決勝へ進出が決まりました。

日本では、W杯の様子をAbemaTVが配信しており、試合終了後にアルゼンチン選手のインタビューを放送しました。

しかし、インタビュー中に日本語通訳者が放送禁止用語の「キチガイ」という発言を連発していたんだとか!

この、キチガイという放送禁止用語を連発した通訳の顔画像は特定されているのでしょうか?

SNSを中心に話題になっていますが、通訳の顔画像や名前は特定されていませんでした。

この通訳は、女性で、前回も前々回のワールドカップにもいたそう。

詳しい情報が分かり次第、追記させていただきます!

【放送禁止用語】キチガイ連発の通訳の動画がヤバすぎて草

カタールで行われたサッカーワールドカップで、通訳がキチガイと連発している放送事故の動画がヤバすぎるんだそう!

実際の放送事故の動画がこちらです。

アルゼンチンのアルバレス選手に対して、ABEMAの通訳が「キチガイ」という放送禁止用語を使って通訳しています。

その後、「不適切な発言がありました」とスタジオのアナウンサーが謝罪するも、直後にメッシ選手のインタビューでの通訳の第一声の「キチガイ」という発言で、スタジオが凍りついたのがわかりますね。

霜降り明星のせいやさんのおかげで、面白かった!という視聴者が多かったようです!

【放送禁止用語】キチガイ連発の通訳に対するみんなの反応は?

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次