MENU

石川大我議員は彼氏のために救急隊員を恫喝したの?LGBTの恥という声まとめ

石川大我議員は彼氏のために救急隊員を恫喝したの?LGBTの恥という声まとめ

2021年8月17日、週刊文春の報道によると、立憲民主党の石川大我参院議員(47)が知人の陽性者の救急搬送を救急隊員に無理に迫った疑いがあるそうです。

2002年出版の自著「ボクの彼氏はどこにいる?」(講談社)では、同性愛者であることをカミングアウトし、LGBT活動家としても知られている石川大我議員。

石川大我議員の知人の陽性者患者は、石川大我議員の彼氏だったのでしょうか?

すぐに読める目次

石川大我議員は彼氏のために救急隊員を恫喝したの?

報道によると、石川大我議員のコロナ陽性となった知人男性について、次のように表現されています。

新宿区のマンションに住む30代の男性A氏

「8月8日の夜10時半頃、新宿区のマンションに住む30代の男性A氏の知人を名乗る人物から、コロナ陽性となったA氏の救急搬送を求める119番通報が入りました。救急隊員が駆け付け、A氏の体温や血中酸素濃度を測った結果、保健所は『直ちに病院に搬送する状態ではない』と判断したのです」  そこに現れたのが石川議員だった。先に到着し、119番通報をしたA氏の知人である自身の秘書とともに、救急隊員らに猛抗議を始めたという。 「「救急隊員は『保健所の判断です』と説得したのですが、彼らの怒りは収まらず、救急隊員をスマホの動画で撮影し始めた。そして『搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!』と言って、救急搬送を強く迫ってきたのです。現場でのやり取りに関しては、消防庁に報告書として上げられています」(同前)  その後、救急隊員は再度保健所と協議し、朝方になって病院への搬送が決まったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4f41b0594475bcf1ff29ae096b4e22bde73655b8

登場人物を整理すると

  • コロナ陽性:新宿区のマンションに住む30代の男性A氏
  • 119番連絡した人:A氏の知人で石川大我議員の秘書(石川大我議員より先に到着)
  • 石川大我議員
  • 救急隊員
  • 保健所

石川大我議員の秘書とコロナ陽性のA氏が知人だったとのことですね。

つまり、コロナ陽性のA氏は石川大我議員の彼氏でなかった可能性が高そうな気がするのですが、どうでしょうか?

新しい情報が入り次第追記したいと思います。

Yahooのコメント欄にも…

強権の使用ですね。この新宿区のマンションに住む30代の男性A氏は石川議員の彼氏だったのかもしれないですね

>「ボクの彼氏はどこにいる?」

アナタの彼氏がそこにいたんですね

まぁだからと言って動画で晒すとか

脅迫なんで議員辞職お願いしますね。

石川大我議員はLGBTの恥という声

石川大我議員はLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)・セクシャルマイノリティとしての活動も行っています。

石川大我議員の今回の救急隊員への恫喝によりLGBT全体の印象が悪くなる・LGBTの恥だ!という声も上がっています。

LGBTとして、国会議員として、人として、立場をわきまえた行動が必要だと思います。

まとめ!石川大我議員の彼氏はどこにいる?

石川大我議員が救急隊員を恫喝したのは自分の彼氏がコロナ陽性だったからなのかについて見てきました。

コロナ陽性のA氏は、石川大我議員の秘書の知人と報道されています。

石川大我議員の彼氏であるとは断定できませんので、新しい情報が入り次第追記したいと思います。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる