MENU

田中聖の保釈金は300万円?!誰が払ったのか調査してみました!

2022年3月25日に、覚醒剤取締法違反などの罪で逮捕され起訴されていた元KAT-TUNメンバーの田中聖被告が保釈されました。

田中聖被告の保釈金は300万円だったそう。

いったい、田中聖被告の保釈金300万円は誰が支払ったのでしょうか?

さっそく詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

田中聖の保釈金は300万円?!

022年3月25日に、覚醒剤取締法違反などの罪で逮捕され起訴されていた田中聖被告が保釈されました。

田中聖被告は、アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバーで、現在は歌手として活動していたといいます。

保釈金300万円を納付して保釈された田中聖被告は、名古屋の中警察署を出て、深々と頭を下げたそう。

田中被告は2022年2月24日ごろ、愛知県名古屋市中区のホテルで覚醒剤を使った疑いで逮捕されました。

田中被告は、逮捕された時に、微量の覚醒剤と、危険ドラッグの「RUSH(ラッシュ)」(約4.407g)を持っていたとのこと。

そのため、覚醒剤取締法違反などの罪で、追起訴されていました。

田中被告は2022年1月に、名古屋市内のホテルで覚醒剤0.16gを所持した罪でも、3月17日に起訴されていたといいます。

田中聖の保釈金は300万円は誰が払ったのか調査してみました!

田中聖被告の保釈金300万円は、一体誰が払ったのでしょうか?

結論から言うと、本人や親族の可能性が高いです。

そもそも、保釈金は犯罪の重さや、証拠の証明力、被告人の性格や資産などを考慮し、被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額を裁判官が決定します。

例えば、重大な犯罪をし、裁判でも認められるような証拠の証明力がある場合は、実刑判決になる可能性も高くなるので、裁判から逃げ出してしまわないように保釈金の額も高額になります。

また、被告人が何十億という資産を持っているにも関わらず、保釈金が200万円程度では逃げ出して可能性が高いため、数千万〜数億円の保釈金が設定されるそう。

一般的には、資産や収入が特段高額ではなく、執行猶予が見込まれる場合には、200万円から300万円程度の金額が設定されることが多いといいます。

そのため、保釈保証金は、基本的には裁判官が職権で決めるものですが、被告人やその親族、友人等で調達することができる範囲の金額で設定されるとのこと。

つまり、田中聖被告の保釈金300万円は、本人または親族が支払った可能性が高いです。

それにしても、芸能人で保釈金が300万というのは少し安く感じてしまいますよね。

田中聖被告は実家暮らしだったようなので、お金に困っていたのかもしれません。

田中聖の保釈金に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、田中聖被告の保釈金は300万円で、誰が払ったのかについて調査してみました!

田中聖被告の300万円の保釈金は、本人または親族が支払った可能性が高そうです。

最後までご覧下さりありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる