MENU

高梨沙羅が失格で炎上?!理由が驚愕すぎで他国も激怒していた!

2022年2月7日に高梨沙羅選手が、北京オリンピックの新種目ジャンプ混合団体に出場しました。

高梨選手は、1番手として103メートルの大ジャンプをきめます!

しかし、まさかのスーツの規定違反で失格。

この高梨選手の失格で大炎上。

なんでも、失格になった理由が驚愕なんだとか!

さらに、日本以外にも3国で失格が相次ぎ他国も激怒しているんだそう。

さっそく詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

高梨沙羅が失格で炎上?!

高梨沙羅選手は2022年2月7日、北京オリンピックの新種目ジャンプ混合団体に出場しました。

高梨選手は、1番手として103メートルの大ジャンプでチームに勢いを与えました!

しかし、まさかのスーツの規定違反で失格に。

高梨選手の失格をうけ、ネットは大炎上。

なぜ、高梨選手は失格になってしまったのでしょうか?

じつは、高梨選手が失格になったのには驚愕な理由があるんだそう…。

高梨沙羅が失格した理由が驚愕すぎ!

高梨沙羅選手が失格した理由が驚愕なんだとか!

高梨選手はスーツの規定違反で失格になりました。

なんでも、スキージャンプではスーツが大きいと、その分空気抵抗が多くなり有利になってしまうことから規定が厳しいんだそう。

国際スキー連盟(FIS)の規則

「直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、最大許容差はスーツのあらゆる部分において、ボディーに対しプラス1センチ~3センチ(女子は同2センチ~4センチ)とする」

計測はシーズン初めに行われ、その時点での数値を提出するため、体重の変化などで誤差が出てくるケースがあるそう。

そのため「スーツ規定違反」は珍しいことではないといいます。

しかし、高梨選手は2日前に行われた女子個人戦と同じスーツを着用していました。

試合前の検査はクリアしていましたが、1回目のジャンプ後に行われた抜き打ち検査では、太もも部分が規定より2センチオーバーしていたといいます。

スーツは体のサイズにルール内でギリギリ合わせて作られているため、わずかな体重の変化でも規定より大きいとみなされてしまうようです。

そのため、高梨選手も十分気を付けていたといいます。

さらに会場は標高約1600メートルに位置し、氷点下約15度の極寒。

寒さが厳しく、筋肉が萎縮してしまった可能性も。

メダルに近付けるようギリギリを攻め、高梨選手自身も気を付けての結果であれば、仕方ないでしょう。

しかし、いくら規定が厳しいからとはいえ、女子だけが失格で、10カ国のうち4カ国も失格というのは不自然に思ってしまいます。

さらに、全員ではなく競技の後に抜き打ちで測定が行われたことにも不信感が強いようです。

高梨沙羅の失格した理由に他国も激怒していた!

高梨沙羅選手が失格になった理由に、他国も激怒していたんだとか!

高梨選手の失格後、オーストリア、ドイツ、ノルウェーの選手も失格となり、10カ国中4カ国に失格者が出るという波乱の展開となった北京オリンピック。

オーストリアの監督は

「茶番劇だった」

「完全にクレイジーだ。

彼女たちは常にW杯で勝ち続けている。

私たちに説明が無かった」

と怒りをあらわにしていたそう。

ドイツの監督も

「クレイジー!」

と怒りをあらわにしていたといいます。

さらに、ノルウェーの選手も

「彼らは全く異なる方法でスーツを測定していて、これまでとは違う方法で立つように言われた」

と失格になったことへの不満を訴えているようです。

ソチ五輪で日本のジャンプ女子のコーチを務めた小川孝博さんも

「日本やオーストリア、ドイツと強豪国が軒並み、失格したことは聞いたことがない。

何があったのか」

と、驚きを隠せない様子だったといいます。

  • 抜き打ちが行われたのは女子だけ
  • 全員ではなくランダムで抜き打ちが行われた
  • 事前に説明が無かった
  • いつもと違う測り方をしていた
  • 強豪国が軒並み失格になった

このことから、不信感や不満を抱く人が多いようです。

まとめ

今回は、高梨沙羅選手がスーツの規定違反で失格したことについてまとめてみました。

高梨選手の失格でネットでは炎上が続いているようです。

さらに、高梨選手が失格になった理由や他国も激怒していることについてもご紹介させていただきました。

最後までご覧くださりありがとうございます。

国を背負ってのオリンピックは、スポーツマンシップにのっとって公正に行われて欲しいですね。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる