MENU

鬼滅の刃遊郭編OP|残響散歌は宇髄天元の歌?!歌詞の意味を考察してみた![Aimer]

2021年12月5日からスタートした、鬼滅の刃遊郭編のOP「残響散歌」。

CDの発売日は2022年1月12日とのこと。

鬼滅の刃の遊郭編が始まりOP「残響散歌」が流れるとかっこいい!と話題に。

そこで、今回はAimerさんが歌う「残響散歌」の歌詞の意味を考察してみました。

なんでも、音柱の宇髄天元に向けられた歌なんだとか!

さっそく詳しく見ていきましょう。

すぐに読める目次

鬼滅の刃遊郭編OP|残響散歌(Aimer)は宇髄天元の歌だった?!

2021年12月5日から放送の「鬼滅の刃 遊郭編」。

鬼滅の刃の遊郭編では、OPにAimerさんの「残響散歌(ざんきょうさんか)」が起用されました!

この曲は、音柱の宇髄天元へ向けた曲だと言われていて、宇髄天元を思わせる歌詞も多いんだとか。

音柱の宇髄天元は、「派手に」が口癖だといいます。

Aimerさんの「残響散歌」の歌詞にも「派手に」という歌詞があります。

さらに、音柱である宇髄天元を思わせる歌詞が散りばめられていました。

「声よ轟け」

「響き渡れ」

「歌と散れ 残響」

「曖昧すぎる世界も 譜面にして」

「鮮やかな音を鳴らす」

このことから、Aimerさんが歌う鬼滅の刃 遊郭編のOP曲「残響散歌」は宇髄天元へ向けた歌の可能性が高いと考えられます!

鬼滅の刃遊郭編OP|残響散歌(Aimer)の歌詞の意味を考察してみた!

「残響散歌」はアニメ「鬼滅の刃」の遊郭編OPに起用されたAimerさんの楽曲。

遊郭の雰囲気に合った曲調で、音柱の宇髄天元をイメージさせられる歌詞になっています。

曲調も、宇髄天元のようにかっこいい!と評判なんだとか。

さっそく、歌詞の意味を考察していきましょう!

まず、Aimerさんの「残響散歌」には遊郭を思わせる歌詞が登場します。

「銀朱の月を添えて」

「夜のその向こうへ」

「曖昧すぎる世界」

そして、音柱である宇髄天元を思わせる歌詞も散りばめられていましたね。

ここからは、歌詞に込められた意味について考察してまいります。

まずは

派手に色を溶かすように 銀朱の月を添えて

という歌詞。

銀=宇髄天元の髪色

朱=宇髄天元の瞳の色、左目の模様

遊郭に宇髄天元という月を添えてと読み取れます。

そして

光も痛みも怒りも全部抱き締めて
選ばれなければ 選べばいい

という歌詞。

宇髄天元には3人の妻がいます。

「光・痛み・怒りを全部だきしめて」という部分で3人を妻として選んだ宇髄天元の覚悟を感じます。

「選ばれなければ 選べばいい」というのも、宇髄天元らしい言葉ですね!

声よ轟け 夜のその向こうへ 涙で滲んでた
あんなに遠くの景色まで 響き渡れ

「声よ響け」「響き渡れ」といった歌詞も宇髄天元を表しているのでしょう。

何を奏でて 誰に届けたくて 不確かなままでいい
どんなに暗い感情も どんなに長い葛藤も
歌と散れ 残響

「夜のその向こうへ」「涙で滲んでた」

不確かなままでいい」「どんなに暗い感情も」「どんなに長い葛藤も

という歌詞も、遊郭や宇髄天元のくらい過去を指していると考察。

そういった負の感情も宇髄天元が奏でる「歌」として散り残響として炭治郎たちの心に刻まれていくのでしょうね。

この先どんな辛い時も 口先よりも胸を張って
描いた夢の明かりを全部 辿るだけ
逃げ出す為ここまで来たんじゃないだろ

という歌詞は、まさに宇髄天元から炭治郎への想いのように感じ取れます。

声を枯らして 燃える華のように 闇魔を照らしたら
曖昧すぎる世界も 譜面にして
夜を数えて 朝を描くような 鮮やかな音を鳴らす

こちらの歌詞も、宇髄天元が忍びにいた過去や遊郭での堕姫との戦いで決意した宇髄天元の意志を感じます。

Aimerさんが歌う「残響散歌」は、まさに宇髄天元のために作られた歌。

鬼滅の刃 遊郭編のOPにぴったりですね!

鬼滅の刃遊郭編OP|残響散歌(Aimer)に対するみんなの反応は?

まとめ

鬼滅の刃遊郭編OP|残響散歌は宇髄天元の歌?!歌詞の意味を考察してみた![Aimer]

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる