MENU

新庄剛志の血液型はA型?!実は真面目で努力家な3つのエピソードまとめ

破天荒ならイメージの強い新庄剛志さん。

なんと、血液型はA方なんだとか!

実は真面目で努力かな一面もあるそう。

そこで、今回は新庄剛志さんの意外すぎるエピソードをまとめてみました。

すぐに読める目次

新庄剛志の血液型はA型?!

意外に思う人も多いでしょうが、新庄剛志さんはA型なんだとか!

日本で1番多い血液型がA型で、約4割はA型なんだそう。

簡単に、A型の特徴をまとめてみました!

A型の人の特徴

  • 真面目で几帳面
  • 責任感が強く心配性
  • 人の評価を気にする
  • 協調性がありチームワークを重視
  • 根気強く計画通りにコツコツと
  • 融通が利かず頑固な一面も

天才的なカリスマ性を持つ新庄剛志さん。

仮に、私達が知っている「新庄剛志」を演じているのだとしたら、相当無理をしているのでは?と少し心配になってしまいますね。

新庄剛志の真面目で努力家な3つのエピソードまとめ

新庄剛志さんの血液型はA型で、じつは真面目で努力家なんだとか!

そんな新庄さんの意外なA型らしさを感じられる3つのエピソードをご紹介してまいります。

  1. 計画をたてて敬遠球を練習する努力家
  2. じつは誰よりも練習をしていた真面目で努力家な一面
  3. 17年間父親の教えを守り続けた責任感

では、1つずつ詳しく解説してまいりますね!

①計画をたてて敬遠球を練習する努力家

新庄さんは、プロ野球選手時代、敬遠されることが多かったといいます。

そのため、新庄さんは「敬遠球がきたら打とう」と計画を立てて練習していたんだとか!

結果は見事「敬遠球サヨナラヒット」で勝利をつかみました。

1996年の巨人戦延長12回での出来事。

1アウト3塁 一打サヨナラのチャンスで、槙原投手の敬遠の球を新庄さんがレフト前ヒットへ!

きちんと努力した成果を発揮できるあたりが、さすが新庄さんです。

計画的にコツコツと実践していく、A型の特徴が現れていますね。

②じつは誰よりも練習をしていた真面目で努力家な一面

新庄さんは、じつはとても努力家なんだとか!

新庄さんがプロ野球選手時代、誰にも努力している姿を見せたくなかったといいます。

現に、ハワイのキャンプでも周りからは練習していないと思われていました。

しかし、新庄さんはみんなが練習を終えた後に、こっそり練習場に戻って筋トレをしていたというのです。

新庄さんは

「練習なんか全然してないフリして、試合であっけらかんとホームランを打つ。それが俺にとっての理想のスターだから」

と、影での努力を怠らず、真面目に練習していたとのこと。

真面目で努力家な一面は、まさにA型らしいですよね。

新庄さんはA型特有の「完璧主義」なのかも?!

③17年間父親の教えを守り続けた責任感

新庄さんには、A型の特徴でもある「責任感」や「誠実さ」を感じられるエピソードも。

新庄さんは、17年間同じグローブを使い続けていたといいます。

野球選手にとってグローブは、とても重要な道具の一つ。

新庄さんは、そんな大事なグローブを父親の「商売道具を大事にしろ」という教えを守り、引退するまで使い続けていたのだそう。

しかも、プロ初任給で買った7500円のグローブだったとか。

新庄さんは、本当は誠実で責任感の強い人のようです!

日ハムの監督も、案外向いているかもしれませんね。

新庄剛志の血液型に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、新庄剛志さんの血液型についてまとめてみました。

新庄さんの越液型はA型で、実は真面目で努力家だったことが3つのエピソードからわかりましたね!

日ハムの監督になった新庄さんの活躍も楽しみですね♪

最後までご覧下さり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる