MENU

木下富美子の経歴がスゴい?!年収は2000万で雲隠れでも528万もらっていた!

無免許運転で事故を起こし、都議を辞任した木下富美子さん。

じつは、木下富美子さんの経歴がスゴいんだとか。

さらに、年収は2000万円で、雲隠れしていた4ヶ月感で528万円も貰っていたといいます。

さっそく詳しく見ていきましょう!

すぐに読める目次

木下富美子の経歴がスゴい?!

木下富美子さんの経歴がスゴいんだとか!

木下富美子さんは愛知県名古屋市の出身です。

1966年生まれの55歳(2021年時点)。

木下さんは、東京外国語大学のスペイン語学科を卒業後、博報堂へ入社。

木下さんの経歴を、簡単にまとめてみました!

  • 1990年に株式会社博報堂に入社
  • 4年目から香川県高松市に転勤
  • 出産・育児休業を経て広報室に復帰
  • 地球温暖化対策国民運動「クールビス」キャンペーン
  • 地域ブランディングを専門とする「地ブランド」プロジェクト
  • 女性の活躍促進政策、ダイバーシティ政策の企画立案
  • 2016年には小池百合子都知事主宰の政治塾「希望の塾」に入塾
  • 2017年、東京都板橋区選挙区より東京都議会議員選挙に立候補し当選・都議会議員就任
  • 2021年7月の東京都議会議員選挙に立候補し、再選
  • 無免許で事故を起こし都民ファーストの会を除名処分
  • 辞職

木下富美子さんは、東京都議会議員になる前は、博報堂に勤めていました。

木下さんは、バリバリのキャリアウーマンで、転勤や産休・育休後も仕事に復帰。

2003年には、当時環境大臣であった小池百合子さんが手掛けた地球温暖化 対策国民運動「クールビズ」キャンペーンへ参加。

他にも、「地ブランド」プロジェ クトを立ち上げ、精力的に活動していた木下さん。

その後は、2012年〜2014年にかけて内閣府男女共同参画局に出向。

女性の活躍促進政策や、ダイバーシティ政策の企画立案を担当し、キャリアを重ねていきました。

木下さんは、広報の責任者も務めていたとのこと!

こうしてみると、木下さんはかなり凄いキャリアをお持ちだったのですね。

しかし、東京都議会議員選挙中に無免許運転で事故を起こしていたにもかかわらず、そのことを公表せずに当選した木下富美子さん。

木下さんは、7月に当選を果たした後、1日も公の場に姿を現さず「雲隠れ」状態が続き非難が殺到しました。

木下富美子の年収は2000万で雲隠れでも528万もらっていた!

木下富美子さんの年収は2000万円といわれています。

というのも、都議としての議員報酬は月額81万7600円なんだとか。

さらに、政務活動費として毎月50万円がプラスで支給されます。

つまり、総支給額は約132万円!

かなりの高収入ですよね。

単純計算で

132万円 × 12ヶ月 = 1584万円

さらに、ボーナスは約205万円で年に2回支給されるとのこと。

205万 × 2 = 410万円

1584万円 + 410万円 = 1994万円

したがって、木下富美子さんの年収は約2000万円ということになります!

木下さんは、無免許事故が発覚してから約4ヶ月ほど雲隠れしていました。

この間も、木下さんには約528万円が支給されていたというのですから驚きです…。

木下富美子の年収に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、木下富美子さんの経歴についてまとめてみました。

また、木下さんの年収は2000万で、雲隠れしていた間も528万も貰っていたことがわかりました。

最後までご覧下さり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる