MENU

群馬県知事|魅力度44位の法的措置は可能?!発表した訴えが驚愕!

毎年「都道府県魅力度ランキング」が発表されていたのはご存知でしょうか?

2021年は、魅力度44位となった群馬県知事が、法的措置も考えているんだとか!

そもそも、どんな法的措置が可能なのでしょうか?

さっそく、群馬県知事の訴えについて詳しく見ていきましょう。

すぐに読める目次

魅力度44位|群馬県知事の法的措置は可能なの?!

群馬県知事の山本県知事は、2021年10月12日の会見で

「根拠が不明確だ」

として、法的措置も検討していることを明らかにしました。

そもそも、魅力度ランキングに対して、法的措置は可能なのでしょうか?

国民も、あまり魅力度ランキングは気にしておらず、話のタネくらいにしか捉えていないように感じますが。

群馬県知事は、今のところ、どのようや法的措置を考えているのかは明かしておりません。

仮に訴えるとしたら、名誉毀損や事実と異るといった主張をしていくのではないでしょうか?

また詳しい情報が入り次第、追加させていただきます。

魅力度44位|群馬県知事の訴えが驚愕!

群馬県知事が、法的措置を訴えた驚愕の理由は、ランキングが下がったからなんだとか。

昨年の2020年に比べて、40位から44位にランキングが下がったことで怒り心頭のよう。

根拠が不明確だ!と法的措置も視野にいれていると明かした群馬県の山本一太知事。

「根拠の不明確なランキングによって本県に魅力がないと誤った認識が広がることは、県民の誇りを低下させるのみならず、経済的な損失にもつながるゆゆしき問題だと思っています」

と語っていますが、等の群馬県民はそこまでゆゆしき問題だとは受け止めていない様子。

さらに、群馬県知事は

「毎年発表されて、なおかつ主要メディアでも取り上げられるということで、実際に影響があることを考えると、なかなかそのままスルーすることができにくいと」

 と、ランキングの影響力が大きいことを主張。

はたして、本当に都道府県魅力度ランキングに、40位から44位になっただけで、そこまで大きな影響力はあるのでしょうか?

魅力度44位|群馬県知事の法的措置に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、群馬県知事の魅力度44位での法的措置は可能なのかについてまとめてみました。

群馬県知事の発表した訴えにも驚愕でしたね。

最後までご覧くださり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる