MENU

【ゆっくり茶番劇】柚葉の商標登録は取消できない?!裁判や逮捕の可能性を徹底調査!

「東方Project」の二次創作コンテンツである「ゆっくり茶番劇」が第三者で動画配信者の柚葉さんによって勝手に商標登録され、炎上しているんだとか。

しかし、柚葉さんのゆっくり茶番劇の商標登録は取消できないといいます。

そこで、今後、柚葉さんが裁判や逮捕される可能性について調査してみました。

さっそく詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

【ゆっくり茶番劇】柚葉の商標登録は取消できない?!

2022年5月15日に、「東方Project」の二次創作コンテンツである「ゆっくり茶番劇」が第三者で動画配信者の柚葉さんによって勝手に商標登録されていたことがわかりました。

しかし、第3者の柚葉さんが勝手に登録したにも関わらず、商標登録の取消ができないんだとか!

というのも、柚葉さんが「ゆっくり茶番劇」を商標登録していたのが2022年2月24日だといいます。

柚葉さんが「うっかり茶番劇」の商標登録を発表したのは2022年5月15日で、すでに2ヶ月以上経過しているじょうたいでした。

そのため、商標登録異議申立て(商標法43条の2)はできないとのこと。

この、異議申立ての期間は、「商標掲載公報の発行の日から2か月以内」とされており、柚葉さんの公表によりみんなが「うっかり茶番劇」が商標登録されていることに気がついた時には、既に期間が経過しており、異議申立てが出来ない状況だったのです。

異議申立ては出来ませんが、5年以内であれば、「無効裁判」で商標登録を無効にできるそう。

今後、ZUNさんなどが柚葉さんに対して、無効裁判を行う可能性は十分にありそうですね!

【ゆっくり茶番劇】柚葉が商標登録で裁判や逮捕の可能性を徹底調査!

ゆっくり茶番劇が、柚葉さんによって商標登録されていたことがわかりました。

柚葉さんは、「ゆっくり茶番劇」の商標登録で裁判や逮捕の可能性はあるのでしょうか?

【ゆっくり茶番劇】柚葉が商標登録で裁判の可能性は?

まずは、柚葉さんの「ゆっくり茶番劇」商標登録における裁判の可能性ですが、民事裁判を行う可能性は充分あるとのこと。

柚葉さんの「ゆっくり茶番劇」商標登録は、非常に悪質のように感じますが、商標を登録してから公表しなければならないといった法律はないんだそう。

そのため、すでに商標登録から2ヶ月経ってしまっているので、異議申し立てをすることはできません。

ですが、5年以内であれば商標登録を無効にする「無効裁判」が可能とのこと。

そのため、ZUNさん達が柚葉さんの商標登録を無効にする「無効裁判」を行う可能性は十分にあります。

ですが、柚葉さんは当初「ゆっくり茶番劇」の使用料を年間10万円(税抜)の支払いを要求していましたが、使用料を不要(無料)にしたとのこと。

そもそも、文字商標の範囲は「文字」のみだといいます。

柚葉さんが商標登録をしているため、他の人が「ゆっくり茶番劇」というタイトルや言葉を使って利益を得る行為に対して、使用料を要求していましたが、炎上の火消しとして無料化したようです。

しかし、「無効裁判」も出来なくなる5年後には、再度、使用料としてお金を取られる可能性もあります。

ですが、「ZUN」さん達が柚葉さんに対して「無効裁判」を起こしても勝てるかどうかは、やってみないとわからないんだとか。

なんでも、事例が少なく、必ず勝てる!といった保証はないといいます。

ですが、やってみる価値はあるとのことなので、今後みんなが安心してゆっくり茶番劇を楽しめるように戦ってみるのもありなのではないでしょうか?

【ゆっくり茶番劇】柚葉が商標登録で逮捕の可能性は?

続いて、柚葉さんがゆっくり茶番劇の商標登録をしたことで逮捕される可能性について調査してみました。

結論から言うと、逮捕される可能性は低いです。

そもそも、柚葉さんが「ゆっくり茶番劇」を商標登録した行為は、犯罪ではないといいます。

つまり、手続き的には違法ではないとのこと。

合法ではありますが、やはり「民事裁判」で柚葉さんの商標登録を無効にする動きはあるかもしれません。

さらに、逆に、柚葉さんが被害を受け、警察沙汰になっていたとか!

2022年5月16日に、柚葉さんが取得した「ゆっくり茶番劇」の商標登録の名義人を依頼している方の賃貸物件に、実害のある犯罪行為があったとのこと。

そして、柚葉さんの東京の家に警察が事情聴取にきていたといいます。

柚葉さんは、こういった案件に対して、全て被害届を出す方針で進めているようです。

柚葉さんの「ゆっくり茶番劇」商標登録で逮捕される可能性は低いですが、逆に、実害を受け、誰かを逮捕する可能性はあるようです。

【ゆっくり茶番劇】柚葉の商標登録が取消できないことに対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、ゆっくり茶番劇で波紋を呼んでいる、柚葉さんの商標登録についてまとめていっました。

登録から2ヶ月が経過しているため、「うっかり茶番劇」の商標登録のは取消できないんだとか。

しかし、今後5年以内であれば、裁判などを通して無効にできるようです。

柚葉さんの商標登録は、悪質なように感じますが、逮捕の可能性は低そうです。

最後までご覧下さりありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる