MENU

ウクライナ(キエフ)に取り残された日本人がヤバい?!慶応大生が語る現地の様子が悲惨すぎ!

ロシアは2022年2月24日に、ウクライナに対する軍事侵攻に踏み切りました。

ロシア国防省はこれまでに、11の空港を含むウクライナ軍の80以上の施設を攻撃したと発表。

プーチン大統領は「ほかに選択肢はなかった」と、軍事侵攻を正当化しているとのこと。

そんな中、ウクライナの首都キエフに取り残された日本人がいることがわかりました。

現地にいる慶応大生が語る状況は悲惨だといいます。

さっそく詳しく見ていきましょう。

すぐに読める目次

ウクライナ(キエフ)に取り残された日本人がヤバい?!

緊張状態に合ったロシアとウクライナは、2022年2月24日、ついにロシアがウクライナに対する軍事侵攻に踏み切りました。

ロシア国防省によると、わずか1日で11の空港を含むウクライナ軍の80以上の施設を攻撃したと発表。

ロシアのプーチン大統領は「ほかに選択肢はなかった」と、軍事侵攻を正当化しているといいます。

そんな中、ウクライナの首都キエフでは、現地に取り残された日本人がいることがわかりました。

取り残されたのは、慶応大生の前原剛さんという20歳の男性なんだそう。

実際に、前原さんがSNSを通して現状を発していたのがきっかけで発見されたようです。

実際の前原さんの投稿がこちらです。

まさか、戦争の現場に居合わせようとは、日本人であれば誰でも思いもしないでしょう。

さらに、前原さんはウクライナの首都キエフから脱出できずに苦しんでいるといいます。

懸命に「生きる」ことを諦めない前原さんの姿に心打たれますね。

一刻も早く、前原さんが救出されることを願うばかりです。

日本時間の2022年2月25日午後16時52分現在は、前原さんはご無事なようで安心しました。

新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

ウクライナ(キエフ)に取り残された慶応大生が語る現地の様子が悲惨すぎ!

ロシアに侵攻されているウクライナでは、首都のキエフに取り残された日本人がいることがわかっています。

キエフに取り残されてしまったのは、慶応大生の前原剛さんという20歳の男性。

前原さんは、実際に現地で起こっているロシアの侵攻の様子をTwitterやInstagramといったSNSを通して発信していました。

前原さんが実際にツイートやリツイートしていた投稿からは、悲惨すぎる現地の様子が伺えました。

キエフからのニュースは、ウクライナ軍が戦車の前進を妨げるために市内の3つの橋を爆破したということです

ロシアの空爆と火事に見舞われたアパートの余波

ロシアから侵略されているウクライナのキエフ。

現地では想像を超える恐怖や不安に見舞われているようです。

一刻も早く、ウクライナに平和が訪れることを願っています。

ウクライナ(キエフ)に取り残された日本人(慶応大生)に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、ウクライナの首都キエフに取り残された日本人についてまとめてみました。

キエフに取り残されたのは、慶応大生の前原剛さんという20歳の男性。

前原さんが語るウクライナの首都キエフの現地の様子は悲惨すぎましたね…。

どうか1人でも多くの方が無事でありますように。

最後までご覧下さりありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる