MENU

【猟銃立てこもり】渡辺宏の経歴は?!キレやすくて猟銃仲間から嫌われていた!

2022年1月27日午後9時頃、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、住人の男が猟銃のようなものを発砲し、訪ねてきた医師を人質にとって立てこもる事件が発生しました。

2022年1月28日午前8時前に、殺人未遂で緊急逮捕された渡辺宏容疑者。

人質の医師は、胸のあたりに銃で撃たれた痕があり、心肺停止状態で救急搬送されました。

その後、死亡が確認され、医師に同行していた男性2人も負傷したとのこと。

このような事件を起こした渡辺宏容疑者は、どんな経歴の持ち主なのでしょうか?

猟銃仲間からは、キレやすくて嫌われていたといった証言もあるようです。

さっそく詳しくみていきましょう。

すぐに読める目次

【猟銃立てこもり】渡辺宏の経歴は?!

2022年1月27日に、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、猟銃を発砲し医師を人質にとって立てこもる事件が発生しました。

この事件で逮捕されたのは、無職で66歳の渡辺宏容疑者。

そこで、渡辺宏容疑者の経歴について調査してみました。

渡辺宏容疑者は、一般人ということもあり詳しい経歴は公開されていませんでした。

渡辺容疑者は、ふじみ野市の自宅に数年前に引っ越しをしてきたとのことなので、以前は別の場所に住んでいた可能性が高いです。

また詳しい情報が入り次第、追加させていただきます。

【猟銃立てこもり】渡辺宏はキレやすくて猟銃仲間から嫌われていた!

猟銃を発砲し、医師を人質にとって立てこもり、殺人未遂で逮捕された渡辺宏容疑者。

実は、渡辺宏容疑者は猟銃仲間からキレやすい性格のため、嫌われていたといいます。

また、猟の際は獲物を逃すと猟銃を乱射していたそうで、仲間たちは自分に猟銃が当たらないかヒヤヒヤしていたんだとか。

さらに、亡くなった医師らとは母親の死亡診断書の書き方が気に食わずトラブルになったそう。

また、渡辺容疑者は「線香を上げてほしい」と呼び出した医師らに対して、死後30時間以上たっている母親の心臓マッサージを要望したといいます。

そこで、医師が丁寧に説明をして断ると、散弾銃を取り出して医師に発砲。

さらに渡辺宏容疑者は、母親の年金を頼りにしており、普段から医師らに「母親を絶対に死なせるな」といった脅しをしていたとのこと。

今回、母親が亡くなったことで医師たちに八つ当たりし、立てこもり事件を起こしたとされています。

亡くなった人質の医師は、とても親身な方で患者想いの素晴らしい医師だったと聞きます。

本当に残念でなりません。

【猟銃立てこもり】渡辺宏に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、埼玉県ふじみ野島で起こった猟銃立てこもり事件の犯人、渡辺宏容疑者についてまとめてみました。

渡辺宏容疑者の経歴は、一般人ということもあり明かされていませんでした。

詳しい情報が入り次第、追加させていただきます。

また、渡辺宏容疑者は猟銃仲間からはキレやい性格から嫌われていたようですね。

最後までご覧くださり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる