MENU

【京王線殺傷】服部恭太の生い立ちが壮絶?!母子家庭で孤児施設で育った過去が悲惨すぎた!

京王線殺傷事件で現行犯逮捕された服部恭太容疑者(自称24歳)。

じつは、生い立ちが壮絶だったと言います。

母子家庭で幼少期から孤児施設で育った過去が悲惨すぎるんだとか。

さっそく、服部恭太容疑者の出身高校や大学などもあわせて、生い立ちについて詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

【京王線殺傷】服部恭太の生い立ちが壮絶?!

京王線殺傷事件で現行犯逮捕された服部恭太容疑者の生い立ちは壮絶だったと言います。

服部容疑者は、幼少期から孤独だったようです。

物心がついてから、母親に捨てられ、孤児施設で育ったそう。

服部容疑者の性格はおとなしく、あまり目立たない存在だったといいます。

そのため、友達は少なく、いつも漫画を読んでいたとか。

また、服部容疑者にはとても一途に想っていた彼女がいたんだそう。

しかし、その彼女と別れると服部容疑者は人が変わっていったんだとか。

仕事への態度は真面目で、職場のマンガ喫茶での働きぶりから店長にも気に入られていたといいます。

ところが、彼女と別れてからはどんどんおかしくなっていき、しまいにはマンガ喫茶へ来た客を盗撮して警察沙汰に。

その時は、示談となったようですが、もちろん仕事はクビ。

友人関係や仕事も上手くいかず、次第に死にたいとおもうようになった服部容疑者。

自分では死ぬことができなかったため、死刑になるために京王線殺傷事件を起こしたと言います。

服部容疑者の心のなかには、常に闇を抱えていたのかもしれません。

【京王線殺傷】服部恭太は母子家庭で孤児施設で育った過去が悲惨すぎた!

服部恭太容疑者は福岡県福岡市内の団地で母親と妹と3人で暮らしていたそう。

父親に関する情報はないため、恐らく母子家庭で育ったのでしょう。

服部恭太容疑者が住んでいた団地は数年前に取り壊され、2021年現在はマンションになっているようです。

しかし、服部恭太容疑者は幼少期から孤児施設で育っていたそう。

服部恭太容疑者の同級生という人物が、爆サイで以下のように書き込みをしていました。

服部の中高の同級生だけど服部は可哀想なやつだった
金髪にするような奴じゃなかったから最初わからなかったけど顔で思い出した
母子家庭の生まれだけど、 物心ついた後に孤児施設に移ってた、 理由はしらんけど 友達もまともにいなかったし、 いつもみても漫画読んでたな
マイナーなやつジャンプとかじゃない
ネットで言われてるけどそれがアメコミのバットマンだったのかもしれないし

引用:爆サイ

服部容疑者は、物心がついてから母親に捨てられて、孤児施設で暮らしていたようです。

そのため、母親から十分な愛情を得られないまま育った可能性が高そうですね。

服部容疑者の壮絶な過去が、事件の背景にあるのかもしれません。

【京王線殺傷】服部恭太の出身高校や大学などの学歴は?

京王線殺傷事件で現行犯逮捕された服部恭太容疑者。

ネットでは、出身高校や大学などの学歴が特定されているんだとか。

さっそく、まとめてみました。

  • 小学校:福岡市立千代代小学校
  • 中学校:福岡市立千代中学校
  • 高校:福岡県立魁誠高校
  • 大学:進学していない

服部恭太容疑者は、福岡市内の小学校に通っていたそう。

ネットでは、福岡県博多区にある「福岡市立千代代小学校」の可能性が高いんだとか。

信憑性は定かではありませんが、服部恭太容疑者は少年野球をやっていたという情報も。

その後、福岡市立千代中学校へ進学したそう。

中学では陸上の国体予選に出場した経験もあるといいます。

野球での経験を活かし、砲丸投げやジャベリックスローという競技に出場していたようです。

高校は「福岡県立魁誠高校」と特定されています。

文春オンラインで報じられた服部恭太容疑者の制服から特定されたようです。

高校時代は空手部の首相だったとの情報も。

服部容疑者は、高校卒業後、大学へは進学していないようです。

服部容疑者は真面目で、鞄を持ってあげるような優しい一面もあったといいます。

しかし、飽きっぽく投げ出しがちな一面もあったそう。

小学校、中学校、高校と全て別の部活に所属していることからも、飽きっぽい性格だったことが伺えますね。

まとめ

今回は、京王線殺傷事件の服部恭太容疑者についてまとめてみました。

服部恭太容疑者の生い立ちは壮絶で、母子家庭から孤児施設で育った過去が悲惨すぎましたね。

服部恭太容疑者の出身高校や大学についても特定されている情報をご紹介させていただきました。

最後までご覧下さり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる