MENU

千代田区タクシー事故の原因は?!車種は安全装置付のクラウンだった!

2021年9月11日午後4時半ころ、東京都千代田区九段南の千代田区役所前で起きたタクシー事故。

1人が死亡、2人が重症、3人が怪我を負いました。

車種は安全装置付きのクラウンのようですが、現場にはブレーキ痕はなかったといいます。

事故当時、運転手が俯いていたという情報も。

さっそく、千代田区で起こったタクシー事故の原因や、車種、事故現場についてご紹介してまいります。

すぐに読める目次

千代田区タクシー事故の原因は?!

出典:朝日新聞デジタル

2021年9月11日午後4時半ころに、東京都千代田区九段南の千代田区役所前で歩道にタクシー突っ込むが事故が発生しました。

この事故により、6人が死傷。

  • 死亡:歩道にいた品川区の小林久美子さん(73歳)
  • 死亡:個人タクシーを運転していた山本斉さん(64歳)
  • 重症:タクシーの乗客の男性(30代)
  • 軽症:9歳の女の子を含む3人

原因は、運転手の山本斉さんの体調に異常があったのでは?とされています。

現場にはブレーキ痕がないことから、山本運転手の意識がない、もしくは、意識朦朧の状態だった可能性が高いようです。

50代男性の目撃情報によると、

「運転手は運転席で下を向いており、具合が悪そうだった」

とのこと。

事故の原因の真相はわかっていませんが、詳しい情報が入り次第、追記させていただきます。

千代田区タクシー事故の車種は安全装置付のクラウンだった!

出典:朝日新聞デジタル

東京都千代田区九段南の千代田区役所前で起こったタクシー事故の車種はクラウンのようです。

トヨタのクラウンで、210系と思われます。

こちらが、同じようにトヨタの210系のクラウンのタクシーです。

出典:Twitter

最新モデルは220系の15代目で、今回の車種は1つ前の210系の14代目。

クラウンには、全グレードに「Toyota Safety Sense」という安全装置が標準装備されているといいます。

「Toyota Safety Sense」とは?

  • プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)
  • レーントレーシングアシスト(ハンドル操作サポート)
  • ロードサインアシスト(標識読み取りディスプレイ)
  • 前車速追従機能付きレーダークルーズコントロール(追従ドライブ支援機能)
  • オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム(自動ハイビーム)
  • 先行車発進告知機能

今回の事故では

・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)

レーントレーシングアシスト(ハンドル操作サポート)

あたりが動作しそうですが、これらの安全装置が正常に動作していたかはわかっておりません。

先行車発進告知機能についても、有効そうですが、今回は先頭で信号待ちをしていたようなので、動作はしなかったでしょう。

現場にブレーキ痕がなかったことや、運転手の山本斉さんが事故直前に

「下を向いてうつむいていた」

という証言もあることから、安全装置が作動したいような不足の事態だったのかもしれません。

千代田区タクシー事故の場所はどこ?

千代田区のタクシー事故が起きたのは

”東京都千代田区九段南の千代田区役所前”

と発表されています。

警視庁などによりますと、午後4時20分ごろ「千代田区役所前で人がはねられた。タクシーと歩行者の事故です」と通行人から119番通報がありました。

引用:Yahoo!ニュース

都道401号線沿いで起こった事故のようです!

千代田区タクシー事故に対するみんなの反応は?

まとめ

今回は、千代田区で起こったタクシー事故の原因や、車種、事故現場についてご紹介させていただきました。

最後までご覧下さり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次
閉じる