MENU

【サンシャイン60】準暴力団の乱闘理由は縄張り争い?!現場の様子まとめ!

2022年10月16日の午後6時半ごろ、東京都豊島区東池袋にある「サンシャイン60」の58階にある飲食店で、客同士100人くらいの喧嘩で警察沙汰になる事件がありました。

警視庁の警察官が現場に駆けつけたところ、店内に残っていた数人のうち男性1人が頭に軽傷を負い、病院に運ばれたとのこと。

なんでも、乱闘していたのは「準暴力団」の関係者とみられ、乱闘の理由は、縄張り争いなんだとか!

現場には、パトカーが何台も駆けつけていたといいます。

そこで、乱闘現場の様子についてもまとめてみました!

さっそく詳しくみていきましょう。

すぐに読める目次

【サンシャイン60】準暴力団の乱闘理由は縄張り争い?!

2022年10月16日午後6時半ごろ、東京都豊島区東池袋3丁目にある高層ビル「サンシャイン60」の58階にある飲食店で、客同士100人くらいの喧嘩で警察沙汰になる事件がありました。

飲食店の店員から

「客同士100人くらいが理由はわからないけれどケンカになっている」

と110番通報があり、警視庁の警察官が現場に駆けつけたところ、店内にはまた数人残っており、そのうちの男性1人が頭から血を流し病院に運ばれ、頭に軽傷を負いました。

「サンシャイン60」の58階にある飲食店での乱闘の理由は、縄張り争いなんだとか!

どうやら、現場に居合わせたTwitterユーザーによると、乱闘の理由は縄張り争いで、中華系の外国人によるものだったとのこと。

他にも、現場には中国人が多かったと言った声もありました。

なんでも、この日、「サンシャイン60」の58階にある夜景が楽しめるフランス料理店は貸し切りだったといいます。

貸し切った約100人のうち、10人以上による乱闘騒ぎが起き、店内では料理が飛び散り、お皿やグラスなどが割れるほか、扉まで壊れてしまったとのこと。

警察が駆けつけた時には、数人を残してほとんどの客がいなくなっていました。  

今回乱闘していたグループは、暴力団に属さないものの集団的・常習的に犯罪行為を行う「準暴力団」に位置づけられたグループの関係者とみられています。

さらに、乱闘が始まる前には、関係者が薬物所持の疑いで職質を受けていたんだそう。

本当に、テレビで放送されている警察24時のような場面ですね。

さらに、ニュースの続報では、乱闘していたのはチャイニーズドラゴンのメンバーとのことです。

チャイニーズドラゴンは、警察庁が「暴力団に準ずる反社会的勢力」と位置づける準暴力団の一つで、中国残留邦人の子や孫らが中心となってメンバーを構成しているとされるグループ。

日本も物騒になりましたね…。

【サンシャイン60】準暴力団の乱闘現場の様子まとめ!

「サンシャイン60」の58階にあるフランス料理店で起こった準暴力団の乱闘現場の様子を画像や動画でまとめてみました。

警察官が駆け付けた時には、店内は料理が飛び散ってとり、お皿やグラスなどは割れていたといいます。

さらに、フランス料理店の扉は壊れていて、2機あるエレベーターのうちの1つは使用不能でもう1つの前には警察官が10人程いたとのこと。

【サンシャイン60】準暴力団の乱闘に対するみんなの反応は?

店はこんな連中だと知っていたのかな、
ビルも店も迷惑だし、気の毒だ、
干すしか無いでしょう。

全員逮捕しすべて弁償させるべきです

記事から場所はサンシャイン58階にある『クルーズクルーズ』ですかね。個人的に時々食べに行きますが。

HPを見ると分かるが、あんなお洒落なところで暴力団?とか思ったのだが。原因は結局何だろうね。

カメラでバッチリ写ってるんだから器物破損と無銭飲食?とかでパクリ祭り。準もそろそろ暴対法と一緒でいいでしょ。どうせ変わんないし。

部屋も料理も食器もめちゃくちゃにして、大人として恥ずかしくないのかな。
表に出ろって言わずに、その場で乱闘始めちゃって、動物じゃあるまいし。

※Yahoo!コメントより引用させていただきました。

まとめ

【サンシャイン60】準暴力団の乱闘理由は縄張り争い?!現場の様子まとめ!

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次