MENU

【フォークリフトブランコ事故】父親の顔画像を特定?!Facebookや会社を徹底調査!

2022年8月28日に、群馬県前橋市で8歳の女の子が死亡するフォークリフト事故がありました。

亡くなった女の子は、父親と一緒にフォークリフトを使ってブランコのようにして遊んでいたところ、フォークリフトに差し込んでいたパレットが女の子へ落ちてきたとのこと。

フォークリフトをブランコのようにして遊んでいた事故の父親の顔は特定されているのでしょうか?

また、父親のFacebookや勤務先の会社についても調査してみました。

さっそく詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

【フォークリフトブランコ事故】父親の顔画像を特定?!

2022年8月28日午後4時半すぎに、群馬県前橋市にある設備会社の敷地内で、フォークリフトによる事故がありました。

事故当時、8歳の女の子が父親と一緒にフォークリフトからつるしたベルトをブランコのようにして遊んでいたところ、フォークリフトに差し込んでいたパレットが女の子の頭の上に落ちてきたといいます。

フォークリフトをブランコのようにして遊んでいた事故の、父親の顔画像は特定されているのでしょうか?

報道では、フォークリフトブランコ事故の父親の名前や顔画像は公開されていませんでした。

ネットでも、父親の名前や顔画像は特定されていないようです。

詳しい情報が分かり次第、追記させていただきます。

亡くなった作山由奈さんは頭を強く打ち病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

警察によると、娘の作山由奈さんは、父親がフォークリフトでおよそ3メートルの高さに持ち上げたパレットにベルトを吊るしてブランコのようにして遊んでいたといいます。

このように、フォークリフトをブランコのようにして遊んだのは、今回が初めてとのこと。

パレットは木と鉄でできていて、重さおよそ300キロとみられ、落下した際に由奈さんの頭に当たりました。

警察は、パレットが落下した原因を調べているとのこと。

また、作山由奈さんと一緒に遊んでいたきょうだい2人に、けがはなかったといいます。

【フォークリフトブランコ事故】父親のFacebookや会社を徹底調査!

フォークリフトでブランコのようにして遊んでいたところ、パレットが落下する事故で娘の作山由奈さんが亡くなりした。

このフォークリフトブランコ事故の父親のFacebookや会社についても調査してみました。

作山由奈さんの父親のFacebookアカウントは、情報が少なく、特定はできませんでした。

続いて、作山由奈さんの父親の会社についても調査してみました。

作山由奈さんは、群馬県前橋市堀越町の会社兼住宅の敷地内で事故にあいました。

こちらが、事故があった会社兼住宅の画像です。

作山由奈さんの父親はこの前橋市堀越町の自宅兼会社に勤めている可能性が高いです。

この会社というのが、内装設備会社だと報じられています。

報道の内容から、群馬県前橋市堀越町で「作山」という名字の方が社長を務める会社を見つけました。

その会社は、住宅のリフォームや建物の工事を請け負っており、「内装設備会社」という報道と一致しています。

さらに、会社のサイトには社長の名前や顔写真も掲載されており、2022年8月29日現在でも閲覧が可能でした。

しかし、報道では作山由奈さんの父親の名前や顔画像、経営している会社などの情報は明かされていません。

そのため、作山由奈さんの父親の会社と特定はできませんでした。

こちらも、詳しい情報が分かり次第、追記させていただきます!

【フォークリフトブランコ事故】父親に対するみんなの反応は?

純粋に子供が喜ぶと思って、やったのだろうという想像がつきます。
しかし、重機は遊ぶために作られているものではないし、
近くに人がいないことを想定して使われるものだと思います。
しっかりと点検していのかもしれませんが、
使い方を間違えていると、このような結果につながる可能性が高くなるのかもしれません。
「こんなことで遊ばなければよかった・・・。」というお父さんの気持ちが伝わってくるようで、胸が痛みますが。もっと慎重に考えて行動して欲しかったです。

職業柄、特別な遊びだったのかもしれませんね。自身の技術に自信もあったのでしょうし。
ただ、仕事の機材を子供のおもちゃにするのはどの職業でも御法度なのは当然でしょう。
何よりも自身の子供を亡くしてしまう以上に悲惨な事はないでしょう。
ブランコなら公園へ行けば遊べるのに。
重機のプロなら危険さも当然把握していなければいけない。
後悔先に立たず、悔やみきれない夏休みの終わりとなりましたね。
同じようにしてる方が居るのならば、命を大事にして欲しいです。

よく海外の動画などで重機を遊具のように使っている動画をみます。
動画では面白そうに映っていますが、実際は非常に危険です。
絶対に真似してはダメ。
フォークリフトだって大きさの割に重量がある上、高所まで爪を上げるとバランスを崩しやすい。
恐らくパレットを爪にさして左右に振っていたんだと思います。爪はフラットで滑りやすいのでパレットが抜ける可能性は容易に想像が付くと思うのですが、子供の喜ぶ顔が見たかったんでしょうかね。
子供思いの良いお父さんなんだとは思いますが、重機を扱う人間としては失格です。
非常に切ないニュースでした。
お子さんのご冥福をお祈り致します。

可哀想な事故だなと思いますが、フォークリフトは荷物を運ぶもので、動きのある物を運ぶことは元々想定されて作られていないので、ブランコにして遊ぶということを見かけたら普通なら保護者が叱って命の危険があることを伝えるべきところが、【慣れ】って怖いものですね。多分今父親が一番感じてるとは思いますが…。自分たちも『このくらいなら』という油断が取り返しのつかないことを招くことがあるということを注意しなければならないなと思いました。亡くなられたお子さまのご冥福をお祈りします。

フォークリフトの講習を受けている人ならあり得ない行為。
爪の上にせよ、爪から吊るしたベルトにせよ、人を乗せてはいけないと必ず習うし、荷物の下に入らないのは、フォークでも、クレーンなど他の重機でも、作業の安全の基本中の基本。
我が子がどうなっても良いと思った、と言われても仕方が無い。
もしその時何事も無かったとしても、後日子供が味を占めて、作業中のフォークリフトに不用意に近づいたらどうするのか。危険なので近付かない様、教えるのが親の義務だと思う。

※Yahoo!コメントより引用させていただきました。

まとめ

今回はフォークリフトをブランコのようにして遊んでいたためにおきた事故についてまとめてみました。

フォークリフトブランコ事故で亡くなった作山由奈さんの父親の顔画像は、行動では公開されていませんでした。

ネットでも、父親の顔画像は特定されていないようです。

作山由奈さんの父親のFacebookや会社についても、調査してみましたが、情報が少なく、特定には至りませんでした。

詳しい情報が分かり次第、追加してまいります!

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次