MENU

【あおい交通】名古屋高速バス事故の原因はワクチン?!5つの理由を徹底調査!

2022年8月22日の午前、愛知県名古屋市北区の名古屋高速道路で、愛知県営名古屋空港へ向かうバスが横転し炎上した事故で2人が死亡し、7人がけがをしました。

この事故を受けて、バス会社のあおい交通が謝罪と説明の会見を開いています。

あおい交通は、事故の原因について、運転手のミスがあったと考えているとのこと。

しかし、ネットでは事故の原因はコロナワクチンなのでは?といった声も。

そこで、名古屋高速バスの事故原因として考えられる5つの理由について調査してみました!

さっそく詳しくみていきましょう。

すぐに読める目次

【あおい交通】名古屋高速バス事故の原因はコロナワクチン?!

2022年8月22日午前10時過ぎ、愛知県名古屋市北区の名古屋高速道路小牧線の豊山南出口付近で、バスが横転し炎上する事故がありました。

県営名古屋空港に向かっていたバスは、高速を降りる際に、本線と出口への側道を隔てる分離帯や、その前にある緩衝具「クッションドラム」に衝突し、横転したため燃料が漏れ、激しく炎上したといいます。

バスの運行会社「あおい交通」の松浦秀則社長は、2022年8月23日行われた記者会見で

「分離帯にぶつかっているので、当然運転手のミスがあったと考えている」

と語りました。

しかし、ネットを中心に、名古屋の高速バス事故の原因は「コロナやワクチンの後遺症なのでは?」と囁かれていました。

そこで、名古屋高速バス事故の原因と考えられる5つの理由について詳しく調査してみました。

【あおい交通】名古屋高速バス事故の原因と考えられる5つの理由を徹底調査!

2022年8月22日午前10時過ぎ、愛知県名古屋市北区の名古屋高速道路小牧線の豊山南出口付近で、バスが横転し炎上する事故の原因と考えられる理由は、5つあるといいます。

  1. 運転手が出口を見落としていて急にハンドルを切った
  2. 道路にあった障害物を避けようとした
  3. 急な車線変更をした別の車を避けようとした
  4. 運転手に急病が発生した
  5. コロナやワクチンの後遺症

捜査関係者によると、現場に目立ったブレーキ痕はなかったそう。

さらに、バスの右前方が大きくへこんでいたといいます。

そのため、十分に減速せず、分離帯に接触した可能性があるんだとか!

さっそく、名古屋高速バス事故の原因について1つずつ詳しく解説してまいりますね。

運転手が出口を見落としていて急にハンドルを切った

名古屋高速バス事故の1つ目の理由は、運転手が出口を見落としていて急にハンドルを切った可能性です。

バス運転手の大橋義彦さんがボーッとしながら運転をしていた可能性や、脇見運転をしていたために事故を起こした可能性が考えられます。

しかし、現場からは急ハンドルを切ったような後は見られなかったとのことです。

道路にあった障害物を避けようとした

名古屋高速バス事故の2つ目の理由は、道路にあった障害物を避けようとした可能性です。

道路にあった障害物を避けようと、とっさにハンドルを切って本線と出口への側道を隔てる分離帯や、その前にある緩衝具「クッションドラム」に衝突し、横転してしまった可能性が考えられます。

しかし、現場からは特に障害物になりそうなものは見つかっていないといいます。

急な車線変更をした別の車を避けようとした

名古屋高速バス事故の3つ目の理由は、急な車線変更をした別の車を避けようとした可能性です。

事故を起こしたバスにはドライブレコーダーがついていたようですが、火災で燃えてしまい、画像データが残っているかは段階では不明とのこと。

もし、事故当時のドライブレコーダーが残っていれば、事故原因の究明に繋がりそうですね。

運転手に急病が発生した

名古屋高速バス事故の4つ目の理由は、運転手に急病が発生した可能性です。

事故当時バスを運転していた大橋義彦さんは、特に変わりなく、普段通りだったといいます。

さらに、2022年4月に受けた健康診断でも、医師の所見等は特になかったそう。

そのため、事故を起こす直前にバス運転手の大橋義彦さんにくも膜下出血などの急病が発生した可能性もあります。

事故当時、バスに乗っていた乗客の証言では、事故を起こす前にバスがフラフラしていといった危険運転はなかったそう。

となると、居眠り運転の可能性は低いでしょう。

何らかの理由で、バス運転手の大橋義彦さんの意識が朦朧としていた可能性がありそうです。

コロナやワクチンの後遺症

名古屋高速バス事故の5つ目の理由は、コロナやワクチンの後遺症の可能性です。

コロナワクチンの後遺症には、様々な症状が報告されています。

そのうちの1つに、ワクチン摂取から4日後に意識障害を起こし、脳梗塞の疑いで医療機関に搬送され、そのまま死亡してしまった事例があります。

さらにコロナウィルスに感染した後遺症でも、一時的に意識障害を起こし、自転車を運転することもできなくなるほどひどい場合があるといった事例もあります。

必ずしもコロナやワクチンに関連付けるのは良くないかもしれませんが、こういった事例もあることから、名古屋高速バス事故の原因が、コロナやワクチンなのでは?と囁かれているようです。

しかし、現時点では運転手がいつ、何回目のワクチンを摂取していたのかや、コロナウイルスに感染していたのかについては明かされていませんでした。

詳しい情報が分かり次第、追記させていただきます!

【あおい交通】名古屋高速バス事故の原因やコロナワクチンに対するみんなの反応は?

まとめ

【あおい交通】名古屋高速バス事故の原因はワクチン?!5つの理由を徹底調査!

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次