MENU

ジャスティンビーバーの病気の原因は?!ワクチンが関係あるのか徹底調査!

カナダ出身の人気歌手のジャスティン・ビーバーさんが、病気の休養のため活動を休止することがわかりました。

ビーバーさんは2022年6月10日に、自身のインスタグラムで、「ラムゼイ・ハント症候群」と診断されたと明かしています。

ビーバーさんのこの病気の原因は何なのでしょうか?

一部では、新型コロナウイルスのワクチンの影響なのでは?なんて声もあるんだとか。

さっそく詳しくみていきましょう!

すぐに読める目次

ジャスティンビーバーの病気の原因は?!

カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバーさんが、病気の休養のため活動を一時的に休止することがわかりました。

ビーバーさんは、2022年6月10日に自身のInstagramに動画を投稿し、顔の片側がまひする症状を患っていることを明かしています。

ビーバーさんによると、「ラムゼイ・ハント症候群」と診断されたとのこと。

ビーバーさんの「ラムゼイ・ハント症候群」という病気の原因は何なのでしょうか?

ビーバーさんは病気の原因について

「ウイルスが耳や顔の神経を攻撃し、顔がまひしている。

顔の片側では笑顔を作ることができない」

と説明しています。

なんでも、「ラムゼイ・ハント症候群」は、ある日突然片方の顔面の動きが麻痺する病気だといいます。

ラムゼイ・ハント症候群の原因は、水痘・帯状疱疹ウイルスとされています。

ラムゼイ・ハント症候群は、過労やストレス、病気などで免疫力が低下した時に生じやすいと言われているようです。

ビーバーさんは、過労やストレスが溜まっていたのかもしれませんね。

ジャスティンビーバーの病気にワクチンが関係あるのか徹底調査!

ジャスティン・ビーバーさんは、「ラムゼイ・ハント症候群」という病気のため、顔面の半分が麻痺で動かないと明かしています。

一部では、ビーバーさんの病気「ラムゼイ・ハント症候群」の原因は新型コロナウイルスのワクチンの影響なのでは?なんて噂があるようです。

というのも、海外ではこんな記事があるんだとか!

日本語訳した内容がこちらです。

なんと、ビーバーさんの「ラムゼイ・ハント症候群」の原因は、新型コロナウイルスのワクチンだと99%確信しているといった衝撃の記事でした。

なんでも、医学文献によるとコロナワクチンを摂取した後に、10万件あたり5件と不自然に「ラムゼイ・ハント症候群」が発症しているそう。

さらに、ビーバーさんは、インスタのストーリーで

 「こんなことを言わなくてはいけないなんて。

良くなるように最善を尽くしたけど、病気は悪くなる一方だ。

(医師の命令で)いくつかのショーを延期しなければいけなくて心が痛い。

皆愛しているよ。

休んで良くなるからね!」

と、ビーバーさんの病気が深刻であるとあかしていました。

「ラムゼイ・ハント症候群」は、新型コロナウイルスが流行する以前から、ある日突然発症する病気としてしられていました。

そのため、新型コロナウイルスのワクチンとの関係性が必ずしもあるとは考えにくいのではないでしょうか?

しかし、コロナワクチンの副作用については、様々な症例が報告されており、その中に「ラムゼイ・ハント症候群」があるのも事実のようです。

本当にコロナワクチンが関係しているのか、たまたまワクチン接種後に発症してしまっただけなのかは不明ですが、ビーバーさんが抱えていた過度な疲労やストレスが関係している可能性が高いです。

ゆっくり休養して、改善に向かうことを願っております。

ジャスティンビーバーの病気やワクチンに対するみんなの反応は?

まとめ

ジャスティンビーバーの病気の原因は?!ワクチンが関係あるのか徹底調査!

よかったらシェアしてね!
すぐに読める目次