LINE 友だち追加

PROFILE

枠に収まらない感性の放出で歌を紡ぎ出し、唯一無二な声を武器に独自の世界へと引き込むシンガーソングライター。

小・中学時代はサッカー少年として過ごし、Jリーグチームのジュニアユースに所属するほどの実力を持っていたが、高校に入り、歌を作り、歌うことに興味を持ち、ギターを弾き始める。

ギターを弾き始めてすぐにオリジナル曲作り、地元福岡のライブハウスのステージに立つようになる。

その後、「閃光ライオット」をはじめとする各種オーディションを受け、全国各地のライブハウスでの経験も積みながら、徐々にその演奏スタイルとパフォーマンスを身につけ、注目を集めるようになる。

2013 年、「MINAMI WHEEL」に初出演。

2014 年、ロッキング・オン主催のコンテスト 「RO69JACK 」にて入賞。同年 11 月には初の全国流通盤となる「プリズムの起点」を発売。リード曲の「マネキン」が、FM802「MIDNIGHT GARAGE」11 月度 推しモン ! 他、計 4 局のパワープレイを獲得。地元・FM 福岡「Hyper Night Program GOW!!」のマンスリーレギュラー出演を始める。

2015 年、iTunes 「NEW ARTIST スポットライト」 に選出。3 月にデジタルシングル「世界は時々美しい」、6 月には 2nd EP「孤独な原色たち」を発売し、リード曲「世界は時々美しい」が FM 福岡をはじめとする全国 11 局のパワープレイを獲得。「F-X」「HAPPY JACK」「MUSIC CUBE」「NEKOFES」「SAKAE SP-RING」「SWEET LOVE SHOWER」「MINAMI WHEEL」など全国各地の大型フェスへも出演を果たす。10 月からは自主企画「戸渡陽太 10 番勝負」を開催。

2016 年、6 月に JUSTA RECORD より、1st フルアルバム「I wanna be 戸渡陽太」でメジャーデビュー。楽曲プロデュースに深沼元昭、mabanua、高桑圭(Curly Giraffe)、阿部芙蓉美、レコーディングミュージシャンに茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)、白根賢一 (GREAT 3) 、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)といった錚々たるアーティストを迎えて制作。アーティスト・戸渡陽太の新たな魅力を開花させる作品が完成した。
11 月には、レコ発ワンマンツアー「I wanna be 戸渡陽太 Tour」(東京、大阪、名古屋、福岡)をバンド編成で行い、音楽的世界観を拡げた。
また現在、新しい放送インフラとしてスタートした” TS ONE” での音楽番組「MUSIC ARROWS」でのレギュラー番組を担当。戸渡陽太の音楽ルーツでもあるワールドミュージックを中心とした音楽を紹介している。